社説/RCEP、最終局面に 日本は自由化へ指導力発揮せよ

(2019/10/23 05:00)

日中印や東南アジア諸国連合(ASEAN)など16カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の交渉が、最終局面に入った。12日にタイで開催した閣僚会合では一定の進展がみられ、約20の交渉分野のうち計18分野で合意に達した。ただ今後は最難関の関税交渉が控えており、11月初旬の実質妥結に向けてヤマ場を迎える。自由貿易を推進する日本政府は、さらなるリーダーシップを発揮し合意を促す必要がある。

RCEP交渉は2013年にスタートした。妥結すれば人口で世界の5割、国内総生産(GDP)で3割をカバーする広域経済圏が誕生する。アジア各国の関税撤廃率が高まり、知的財産権保護などの輸出環境が改善すれば、日本企業の恩恵は計り知れない。自動車や産業機械、素材などモノづくり関連の企業は妥結を視野に入れ、輸出拡大に向けた戦略を準備してもらいたい。

閣僚会合では新たに8分野で交渉が決着し、大きな前進がみられた。11月初旬に再び閣僚会合を開いて大詰めの交渉を行い、その後の首脳会合で妥結を目指すとみられるが、まだ各国の足並みがそろったわけではない。最も重要な関税の撤廃・引き下げの項目については、2国間交渉において厳しいやりとりが待ち受ける。

中でもインドは大幅な関税撤廃に難色を示している。18年度の貿易赤字約1800億ドル(約19兆円)のうち、対中国が4割程度を占める。インド政府は人口約13億人の富を中国に奪われ、自国産業の芽を摘まれるとの思いが強い。関税を撤廃すれば輸入増に拍車がかかると警戒しており、日本や豪州などの説得に応じていない。

ただ、合意を優先して各国に配慮した内容になれば、自由貿易の恩恵が乏しくなるだけでなく、世界に蔓延(まんえん)する保護主義の防波堤としての役割も期待できなくなる。RCEPを主導する日本としては、自由化率の高い枠組みを訴え続けるべきだ。6年超を要した交渉が終盤を迎える中、日本の役割があらためて問われている。

(2019/10/23 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる