社説/現場の“PoC疲れ” 経営陣が意識改革を先導せよ

(2019/10/30 05:00)

新しいアイデアや先進的なデジタル技術の実用性を試すPoC(概念の実証)が産業界で相次ぐ。目指すはイノベーションの創出だが、現場では“PoC疲れ”が散見され、踊り場に立っている。これを超えて、さらに歩を進めるには経営による後押しが必要だ。

PoCの事例では、データ分析を目的としたIoT(モノのインターネット)関連が最も多い。製造業などでは、装置や設備の稼働データを人工知能(AI)で分析して、故障の予防などに役立てるシステムが至る所で使われている。

こうした仕組みは分かりやすく、効果的に思えるが、現場では分析結果をどう収益に結びつけるのかが分からず、データを集めただけで立ち止まってしまうケースは数多い。経営陣もまた然り。デジタル変革(DX)の狙いが曖昧な中で、AI・IoTの活用を現場に命じる結果、PoCの実行がルーティンのようになってしまうことがある。これがPoC疲れの元凶だ。

DX人材の海外事情に詳しい識者は「日本の場合、PoCといっても、多くはプールサイドでパーティーを開いているようなもの。にぎやかに見えても、皆、泳がないし、誰も泳いだこともない」と酷評する。

一方、IT・電機業界ではイノベーション創出に向けて感性を刺激するような空間演出をこらしたDX拠点の設立が相次ぐ。DX拠点に求められるのは江戸時代の出島のような役割だ。

DXに挑むと、既存の事業の破壊や共食いが生じることもあり、「本社で既存のビジネスを支えている人たちから、異端として扱われ、未来の芽がつぶされてしまう」(外資系ITベンダー幹部)。本社から抜け出て、自由に動ける組織や場所を設けることで、イノベーション創出に挑む企業は増えつつある。

とはいえ経営陣が旧態依然としたままでは、DXはかけ声だけとなってしまう。大切なのは全社レベルでの意識改革。経営陣が意識改革を先導し、現場の人たちの背中を押すことで、PoC疲れを乗り越えてほしい。

(2019/10/30 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

入門 物流現場の平準化とカイゼン
ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

入門 物流現場の平準化とカイゼン ムダ・ムリ・ムラをなくし、物流(倉庫)作業を効率化!

認知症家族に寄り添う 
介護しやすい家づくり
みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

認知症家族に寄り添う 介護しやすい家づくり みんなが心地よく過ごせる間取りとリフォームのヒント

本当に実務に役立つ 
プリント配線板のエッチング技術
第2版

本当に実務に役立つ プリント配線板のエッチング技術 第2版

スマートシンキングで進める工場変革
つながる製造業の現場改善とITカイゼン

スマートシンキングで進める工場変革 つながる製造業の現場改善とITカイゼン

液相からの結晶成長入門
育成技術と評価方法

液相からの結晶成長入門 育成技術と評価方法

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる