社説/GSOMIA破棄撤回 課題解決へ韓国は具体策示せ

(2019/11/25 05:00)

韓国が軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄を思いとどまった。協定失効は東アジアの安全保障にとって大きな痛手となっただけに、最悪の事態は避けられた。韓国は日本の輸出管理厳格化措置を不当として行っていた世界貿易機関(WTO)への提訴手続きも中断した。今後は日韓当局間での協議に入る。課題解決への道筋は困難なものとなるが、正常化へ向かうことを期待する。

今回の韓国政府の方針転換の背景に、米国が強力な説得を行ったことは間違いない。北朝鮮や中国、ロシアなど、日米韓のほころびを狙う勢力をけん制するためにも、日米韓の安保体制が強固であることを内外に示す必要があった。

今後、日韓両政府は懸案事項の解決へ話し合いを始める。まずは韓国側が徴用工判決で差し押さえている日本企業の資産売却問題だ。国際法に反する状況を解決し、資産売却を阻止しなければならない。韓国政府が、日本が受け入れ可能な解決策を示すことが協議の前提だ。

一方、韓国側が強く求めている、日本の輸出管理の厳格化については、経済産業省が政府間の話し合いを再開すると表明した。GSOMIAと輸出管理問題は全く別問題と言いながらも、韓国側の立場をくみ、メンツを立てて対応したと見られる。

ただこの問題は、日本が指摘している韓国国内の輸出管理の不備を解消し、武器転用につながる恐れを排除する体制を、韓国側が整備できるかにかかっている。

いずれも韓国側が解決に向け、日本が納得できる具体策を示すことが求められる。文在寅政権は、GSOMIA破棄の停止について「いつでも撤回できる」という姿勢を崩していない。輸出管理厳格化解消を、東アジアの安保問題で対抗するという危険な“賭け”は通用しないことを認識し、解決への道筋を真摯(しんし)に考えるべきだ。

12月末には日韓首脳会談が開催される方向だ。日韓の信頼回復が進んだことを表明する場となるよう、今後の協議の進展を期待したい。

(2019/11/25 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる