産業春秋/第4次ベンチャーブーム

(2019/12/4 05:00)

東大で成績優秀者の進路といえば、かつては官庁や大企業と相場が決まっていた。「最近は米国で経営学修士を取得し、起業を目指す学生が増えている」と大学関係者は学生の意識の変化を指摘する。

第4次ベンチャーブームの始まりは「大企業による投資ファンドがたくさんできた2、3年前」と言うのはTNPパートナーズ社長の呉雅俊さん。ベンチャー投資のプロはブームを歓迎しつつも「大手の多くは減損を恐れてリスクをとりたがらない」とも。

政府は企業の内部留保を産業創出に活用するため、ベンチャーに出資した企業の税額控除を検討している。企業のリスク許容度が高まり、先行投資がかさむ先端医療ベンチャーなどに資金が循環する呼び水になるといい。

日本総合研究所上席主任研究員の岩崎薫里さんは「日本にとって本当に必要なのは、政府が目標にするユニコーン20社より、地方の課題を解決するベンチャー」と指摘する。税額控除は地域発ベンチャーにとっても福音となる可能性がある。

革新的イノベーション創出や地域の課題解決には、ベンチャーの機動力と大企業がリスクマネーを提供する覚悟の両方が求められる。投資を担う企業が一歩踏み出すことを期待したい。

(2019/12/4 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる