産業春秋/企業統治の難しさ

(2019/12/6 05:00)

上場企業に社外取締役設置を義務付ける改正会社法が、臨時国会で成立した。2021年中に施行の予定。

政府はコーポレート・ガバナンス・コードなど、さまざまな手法で企業に透明性確保と統治強化を求めている。今回の法改正もそのひとつ。ただ一連の改革に対し、大原大学院大学教授の八田進二さんは「監督と監査が混乱してしまった」と批判する。

例えば15年改正で導入した『監査等委員会設置会社』。執行役を監督する取締役の中に監査等委員を設ける制度で、上場企業に急速に広まっている。しかし従来の監査役との違いを説明できる人は少ない。

会計と監査を専門とする八田さんは、実務経験を踏まえつつ「企業の内部統制を有効にするのはトップの意思ひとつ。過去の不祥事発覚は内部通報がほとんどだ」と話す。社外役員設置は決定打にならないという意味にも聞こえる。

日本取締役協会会長でオリックスシニア・チェアマンの宮内義彦さんは、指名委員会を社外役員に委ねることに「経営者が最終決定権を持たないのは怖い」と打ち明ける。経営者のホンネだろう。制度論で企業統治を機能させるのは難しい。法改正は過渡的なもので、今後も試行錯誤が続くことを予感する。

(2019/12/6 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる