産業春秋/カレンダーの季節

(2019/12/16 05:00)

年の瀬を迎え、東京都心の道路は渋滞が目立ってきた。書店の店頭は、新年の手帳やカレンダーを求める人でにぎわう。

営業をはじめ、最前線のビジネスマンは、取引先へのあいさつに忙しい。手土産代わりの定番はカレンダー。ひと昔前より数こそ減ったが、毎年、同じ相手から頂くものを待ち焦がれている方も多いのではないか。

利用する側の視点では、今の時期のカレンダーの掛け替えは微妙だ。翌年の日付が気になり始めるのは10月頃。インターネットで暦をプリントアウトして、12月の先に貼って使うこともある。いつの頃からか「15カ月予算」ならぬ、翌年3月までの「15カ月カレンダー」を常用するようになった。

日本製薬工業協会は今年、会員企業から取引先への贈り物を禁止した。国際団体の規定を受け入れたもので、ボールペンやメモ帳、そしてカレンダーなど低額の儀礼的なものも禁止対象。「仕方ない。今年から自分で買うよ」とかかりつけの病院の医師は嘆く。

若年層では手帳もカレンダーも使わず、スマートフォンで日程を管理する人がいるそうだ。絵柄や使い勝手を論じるどころか、ビジネス慣習としての「カレンダーの季節」が時代遅れになるのかもしれない。

(2019/12/16 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる