産業春秋/夜の京都観光

(2019/12/17 05:00)

「京都嵐山花灯路」が始まった。渡月橋や竹林の小径など嵐山嵯峨野地区の観光スポットが明かりで照らし出され、昼とはひと味違った風情が楽しめる。今や京都の夜の風物詩として根付いている。12月22日まで行われる。

2020年3月6日から15日は「京都・東山花灯路」だ。八坂の塔、ねねの道、清水寺や八坂神社周辺が露地あんどんなどの明かりで照らされ、思わず歩きたくなる道を演出する。

どちらも京都を代表する文化遺産や町並みが、日本情緒を感じられる陰影ある明かりに照らされ、本当に美しい。厳しいと言われる京都の夜の冷え込みなど気にならず出かけたくなってしまう。

明かりをテーマにした観光資源の創出事業として取り組まれた。日中という固定観念を持ちがちな観光に夜という新しい切り口でにぎわいをもたらした。

京都は観光を創意工夫し世界を代表する観光都市を築いてきた。暑さ寒さで減りがちな閑散期を、非公開文化財の特別公開などで盛り返したのはいい例だ。最近、京都の「観光公害」が話題だ。観光客のマナーの悪さ、交通機関の混雑など暮らしへの影響が見過ごせなくなってきた。ただ一律の規制は無粋だ。創意工夫で、京都らしい解決策を示せないものか。

(2019/12/17 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる