社説/地方創生第2幕 地域金融機関が役割果たせ

(2020/1/14 05:00)

地方創生の実現には、東京に集中する人材に、地方で活躍する場を提供することが重要だ。地域の金融機関にその役割を担ってもらいたい。

東京一極集中の是正へ、政府は東京圏(東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県)から地方へ転出する人口と、地方から東京圏へ転入する人口を同じにする目標を掲げる。しかし、2018年の東京圏への転入超過数は約13万6000人で、東京圏への人口集中は止まらない。

そこで、19年末に閣議決定した第2期(20―24年度)「まち・ひと・しごと創生総合戦略」で、「関係人口」という概念を加えた。「最初から一気に移住は難しい。まずは地域と縁を結ぶ関係をつくり、地方への人の流れをより大きなものにする」(北村誠吾地方創生担当相)。例えば週に1回、数時間といった兼業・副業で地方に親しんでもらう考えだ。政府は20年度予算案に、交通費を支援する補助制度の創設を盛り込んだ。

東京圏で働く人の中でも、都会の騒がしさを離れて、豊かな自然の中でのびのびテレワークをしたいといった人は少なくない。一方、地方にある企業は人手不足に苦しみ、デジタル化対応など新しい技術を導入したくても、ノウハウを持つ人材を得られないでいる。関係人口と位置づけた新たな人材を、こうした地方の企業に結び付けられれば、働く人、企業双方に有効な施策となる可能性が高い。

重要なのはマッチング機能だ。政府は地方銀行に加え、信用金庫、信用組合など、より地域に密着した金融機関にその役割を期待している。中堅から中小零細まで、より幅広い企業のなかから、意欲のある企業を見つけ出し、関係人材とのマッチングを実現させる。金融機関にとっても、成長する可能性が高まった企業に対し、担保に頼らず将来性などの事業性評価に基づく融資を実行することにもつながる。

地方創生を実現する上で、地方への人口移動は最重要テーマである。国・地方・自治体・企業が連携し、実効性のある取り組みとなることを期待したい。

(2020/1/14 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる