産業春秋/プレゼン力が重要

(2020/1/27 05:00)

企業経営者で会見に記者やアナリストが殺到する筆頭は、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長と、日本電産の永守重信会長兼最高経営責任者。その一言で株価が動き、景気の先行きを示すキーワードとなって世の中に流布する。

会見でのプレゼンテーションのスタイルは大きく異なる。孫社長は大きな画面を前に歩きながらしゃべる“スティーブ・ジョブズ”型。永守会長は机を前に座ってしゃべる従来型だが、発する言葉の数は、孫さんの3倍ぐらい多い早口だ。

二人に共通するのは、発するメッセージがきわめて明確明瞭であることだ。先日開かれた日本電産の決算会見では「業績の底打ちははっきりした」「今投資しないでいつするのか」という主張がビンビン伝わってきた。

ソフトバンクの前回の決算では「今回の決算の発表内容ボロボロの真っ赤っか」と言いながら最後には「反省はするが萎縮はしていない。いいときはもっとよくなる」と言われ、聞いてるこちらをそうなのかと思わせた。

これから年度末にかけて少なからぬ企業が新たな経営計画やトップ交代の会見を開くだろう。いい話もたとえ悪い話でも、トップが真摯(しんし)に説明する。経営者にとってプレゼン力が重要な時代である。

(2020/1/27 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

これから伸びる東京のカイシャ2021

これから伸びる東京のカイシャ2021

技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修キーワード700
第8版

技術士第一次試験 「建設部門」受験必修キーワード700 第8版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

もっと見る

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる