産業春秋/岩槻人形博物館

(2020/2/12 05:00)

「さいたま市岩槻人形博物館」(さいたま市岩槻区)が22日に開館する。約5000点の所蔵品から、公家の装束を忠実に模して作られた「有職雛(ゆうそくびな)」など、江戸から昭和までの作品約40点が常設展示され、日本文化に息づく人形の美と歴史を大観できる。

日本人形は出口の見えない低迷期にある。「昭和40年代は、『七草』、『桃』、『菖蒲』の節句を終えると、生活が成り立った」(業界関係者)。今では少子化や核家族化、住環境の変化などで需要が減り、廃業も珍しくない。

業界が期待をかけるのは、大人の雛祭り「菊の節句」(9月9日)。桃の節句で飾った雛人形を虫干しも兼ねて再び飾り、長寿の願いを込めた。「人生のご褒美にマイ雛人形を」と業界をあげて自分の還暦祝いに雛飾りをすすめている。

ユネスコ無形文化遺産の登録を目指す動きもある。「日本の節句文化を継承する会」(東京都台東区)は、和食の登録にあやかり「五節句を世界遺産に」と文化庁などに働きかけている。

雛人形は祖父母から孫への贈り物として人気を博し、家族をつなぐ絆だった。自分だけの時間をつくり、心を遊ばせるのもいい。日常の“忘れ物”を探しに博物館を訪ねてみてはどうか。

(2020/2/12 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる