型技術4月号/最新の放電加工技術と工程自動化

(2020/3/13 05:00)

日刊工業新聞社が16日に発行する「型技術4月号」は「最新の放電加工技術と工程自動化」を特集する。放電加工は切削では難しい超硬合金の加工や狭ピッチ加工、工具の届かない深いリブ溝加工などに強みがあり、金型製造で重要な役割を担っている。一方、加工に長い時間を要し、また作業者が頻繁に加工の様子を確認しなければならないなど効率化が課題である。

特集では人手不足を背景に高まる放電加工の自動化、高速・高精度加工のニーズに着目。それを実現する放電加工機やツーリング、自動化システムの最新機能を紹介した。総論は静岡理工科大学理工学部機械工学科の後藤昭弘教授が執筆。加工条件の操作を自動化するための適用制御技術や、ワイヤ放電加工の断線を防止する技術の適用動向などを紹介した。

事例では、電極および加工対象物(ワーク)の自動交換システムや中子処理システム、自走式オートローダーを用いて複数台の放電加工機にワークを供給する自動化システムなどを取り上げた。放電加工機ユーザー3社の取り組みも紹介した。

(2020/3/13 05:00)

機械・航空機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる