産業春秋/山中教授の情報発信力

(2020/3/26 05:00)

iPS細胞(人工多能性幹細胞)の生みの親で、2012年のノーベル生理学医学賞を受賞した京都大学iPS細胞研究所の所長を務める山中伸弥教授が「山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信」と題したホームページ(HP)を立ち上げた。

HPは教授個人によるもので、京大や研究所は関与していないという。幹細胞の研究者である山中教授は感染症の専門家ではない。それでも医学研究者のひとりとして世界中を巻き込む難題解決への一助となるべく動いた。

HPではインフルエンザとの違いや論文、データなどから見る新型コロナについて山中教授のコメントが示されている。見解は分かりやすくまとめられているのも見逃せない。

「新型コロナとの闘いは短距離走ではなくマラソン」とHP冒頭に記載がある。昼休みに研究所近くの京都・鴨川沿いを走るのを日課にする“マラソンランナー”ならではの例えだ。

記者会見などでつねづね口にするのは「患者さんのために」。日ごとに感染拡大する状況で、その思いがiPS細胞研究の枠を超えた取り組みにつながったはず。マラソンには必ずゴールがある。新型コロナ対策で光明を見いだすべく動く山中教授の情報発信力に期待したい。

(2020/3/26 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる