社説/5Gサービススタート デジタル基盤として普及急げ

(2020/3/26 05:00)

第5世代通信(5G)の商用サービスが始まった。自動運転やIoT(モノのインターネット)などデジタル社会のインフラとなるものだ。事業者は早期の普及に努めてもらいたい。

5Gは超高速(最高伝送速度毎秒10ギガビット)、超低遅延(1ミリ秒程度)、多数同時接続(1キロ平方メートルあたり100万台の接続機器)という特徴がある。現行の第4世代通信(4G)までは主に人間が利用する通信手段だった。5Gは自動車や家電、工作機械、ロボットなど、生活や産業のあらゆる機器がネット接続することを想定している。

自動運転や遠隔での手術、臨場感のあるスポーツ観戦など、活用の場は無限にある。そこから生み出されるビジネス市場を獲得することが、日本が成長できるかどうかのカギを握っているといっても過言ではない。

すでに米国、中国、韓国などで商用サービスが始まっている。日本は出遅れたとはいえ、本格的な普及期を見据えれば横一線レベルにある。5G時代を先取りするビジネスモデルを早期に作り上げていきたい。

そのためには、まずインフラ整備が重要だ。5Gサービスを提供するのは、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの4社。ドコモやKDDIは5Gの基地局整備に2023年度末までに1兆円を投資するが、全国普及にはさらなる投資が不可欠だ。また、地域に限定した5Gを整備する「ローカル5G」には、さまざまな企業の参画が期待される。

政府はインフラ整備の前倒しへ、設備投資の15%を法人税から控除するなどの支援策を整備する。また、東京都は保有する学校や都営住宅、文化施設などを基地局設置に開放するためのワンストップ窓口を設け、普及を後押しする。

インフラ整備と同時に、5Gならではのサービスの充実が欠かせない。24日にトヨタ自動車とNTTが提携を発表した。これも5G時代と、さらに次の6G時代を踏まえたものだ。5Gで何ができるのか。さまざまな企業が自社のサービスとの連携を考え、歩み出してほしい。

(2020/3/26 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる