産業春秋/個人情報保護

(2020/3/30 05:00)

新型コロナウイルスの感染者が出た時、行動履歴をどこまで開示したらよいか。固有の個人情報保護条例で運用する自治体は、判断に悩むケースが少なくない。医療機関は公立と私立で情報の取扱規則が異なるため、電子カルテを共有しにくいそうだ。

日本には自治体の数だけ個人情報保護条例があり、縦割り法制の弊害は「2000個問題」と呼ばれる。自治体により個人情報の定義だけでなく取扱規則や安全管理の水準まで違う。新型コロナ感染でも縦割り法制の弊害がちらつく。

「2000個問題」を招いたのは国の政策が後手に回る“番狂わせ”がある。自治体の条例が先行し、後から行政機関個人情報保護法や民間事業者を対象にした個人情報保護法が整備された。

国は「2000個問題」の解決に向け、3月から有識者による検討会で課題の洗い出しを始めた。今年末に最終報告をまとめ、2021年の通常国会で民間や行政機関などの規定を集約・一体化する個人情報保護法の改正を目指している。

個人情報はプライバシーを保護しつつ、ビジネスや公共サービスに活用してこそ価値がある。自治体間や官民の壁を低くして風通しを良くし、感染症などにしなやかに対応できる社会にしたい。

(2020/3/30 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる