産業春秋/感染症との闘い

(2020/4/6 05:00)

危機の連呼の前に平静でいることは辛い。新型コロナウイルスの感染拡大で、首都圏や大阪などで、多くのビジネスパーソンが在宅で緊張しながら仕事を続ける方法を探っている。

在宅勤務のメリット・デメリットが言われるようになった。通勤時間ゼロで仕事に着手できることや、子どもがいる環境で仕事に集中できないなど。ある意味、壮大な社会実験である。この経験を集め、今後の働き方改革への参考としていけばいい。

都内では、さまざまな商品が今までのように手軽に入手できなくなりつつある。物流に負担がかかって入荷が遅れたり、店舗の営業時間を短縮したりするケースが目立ってきたからだ。通販などの配送も到着までに時間が余計にかかっている。

本来、不要不急のビジネスなど存在しない。しかし目下のコロナ危機を大規模災害と同等と見なすなら対応方針はおのずと定まる。最も優先すべきは患者を救う医療スタッフを支えること。次いで重要なのはライフラインの維持と、警察や消防などの組織を機能させることだ。

ビジネスパーソンが外出を控える決断をするのは断腸の思いだろう。在宅での仕事を工夫し、事業継続を実現するのも「感染症との闘い」だと受け止めたい。

(2020/4/6 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる