産業春秋/在宅勤務の難しさ

(2020/4/7 05:00)

新型コロナウイルス感染症の緊急事態宣言で、企業の営業体制をどうすればいいか。すでに最前線は混乱している。

在宅勤務やウェブ会議の重要性は誰でも分かる。最近のノートパソコンはカメラ内蔵が主流だが、マイクの集音能力はいまひとつ。デスクトップパソコンには、そもそもカメラがない。家電量販店では、外付け式カメラやヘッドセットが品薄になっているという。

「在宅で何ができるんですかね」と嘆くのは金融機関の営業マン。パソコンの持ち帰りはもちろん、データをUSBメモリーに複写するのも厳罰だ。社用アドレスのメールを社内LAN以外で受信できないケースも。

どんな企業でも、顧客データベースや社内会計システム、試算・評価予測システムなどは社外からアクセスできないのが普通だろう。といって仮想私設網(VPN)を急に準備するのも難しい。部下を管理する上司や、セキュリティー担当者は頭を抱えている。

ある職場では、緊急事態宣言後に社員を半数ずつ交代出社する方法を指示したという。さらに夜間や土日も出社可能にしてはどうだろう。4分の1程度に出勤者数を減らせば、過密は相当に緩和される。非常時には、そんなアイデアの実現が求められる。

(2020/4/7 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

クリーンルームにおける静電気対策

クリーンルームにおける静電気対策

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策
原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

金属材料の疲労破壊・腐食の原因と対策 原理と事例を知って不具合を未然に防ぐ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる