産業春秋/「儀礼」の有り難み

(2020/4/21 05:00)

近所の農家から、タケノコをお裾分けしてもらった。早速、炊き込みご飯にしていただいた。旬の味は格別だ。やさしい甘みの中に、うっすらほろ苦さがあり、春の訪れを感じさせる。

竹は生命力にあふれている。手入れを怠れば、たちまちうっそうとしたやぶになる。冬でも青々と繁り、節目が規則正しく、まっすぐ伸びる。日本では古来繁栄の象徴とされてきた。

俳句の季語では「竹の秋」が春で、「竹の春」が秋にあたる。春に繁殖期を迎える竹は、タケノコに養分を奪われ、親竹の葉が黄葉する。秋にはタケノコが立派な若竹になり、親竹は青さを取り戻す。季語は自然をめでる観察眼から生まれたのだろう。

竹の節目のように、人々の暮らしにも区切りがある。新型コロナウイルスの感染防止のためには仕方ないが、卒業式から入社式、葬式まで、あらゆる「儀礼」が簡略化されるようになった。知己を亡くしても焼香一つあげられず、気持ちの整理がつかない人も少なくないのでは。

普段は頓着しなかったが、「儀礼」には過去を清算し、未来に向けて歩み出す知恵がある。コロナ危機の非常事態でも、季節は何事もなく巡って来る。「竹の春」には世の中が平穏を取り戻してほしい。

(2020/4/21 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる