新型コロナ/エデュゲートの学習塾講師ロボ、医療機関向け転用 肺機能検査に活用

(2020/4/24 05:00)

  • 塾の講師ロボを病院の検査向けに展開する

エデュゲート(東京都中央区、鈴木博文社長、03・6806・6400)は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、学習塾向けの講師ロボット「ユニボ」を医療機関向けに展開する。ユニボが顔部分のカメラで、相手の人間を認識できる機能を生かし、病院での受診者の肺機能検査に活用する。受診者への動作指示を代行することで、検査速度を従来の倍に高め、病院スタッフの負担軽減にもつなげる。

ユニボは卓上サイズの大きさ。カメラで相手を認識し、1対1で算数や英語などの学習内容を黒板形式で教える機能を備える。肺機能検査への活用は、岩手医科大学医学部の諏訪部章教授の提案を得て実施する。8月をめどに制御ソフトを新開発し、大学病院で使う。年末から一般病院へも販売する考え。レンタル方式で、消費税抜きの料金は月5万円を予定。2020年度に10台、21年度に30台程度の利用を見込む。

肺機能検査はスパイロメーターと呼ばれる計測器を用い、肺活量や1秒間当たりの吸気量などを測定する。気管支ぜんそくや慢性気管支炎、肺気腫、胸郭異常などの診断に役立つ。

検査ではノーズクリップで鼻を止め、マウスピースをくわえて合図に沿って息を大きく吐き出すなど、受診者がスタッフのきめ細かい指示に従う必要がある。

スタッフは検査中、1人の受診者につきっきりになる上、「1人当たり20分近くかかる例も多い」(鈴木社長)など、現在のようにコロナ感染者対応で病院スタッフの負担が増している状況では、深刻な問題。

ユニボが受診者への動作指示をスタッフの代わりに行うことで、検査を迅速化し、スタッフの負担軽減にもつなげる。

(2020/4/24 05:00)

自動車・ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる