新型コロナ/切迫する商業・飲食店支援 横浜会議所・金融機関、“営業活動”しながら解決

(2020/5/1 05:00)

  • 横浜銀行では手続きの迅速化に取り組む

横浜市での新型コロナウイルス感染症の影響が深刻化している。横浜商工会議所が設置した経営相談窓口ではこれまでの相談件数410件のうち、特に切迫した資金繰りに関する相談が255件にのぼった。会議所では「過去の経験からしてもそれ以上に深刻で、困難」(上野孝会頭)と危機感を募らせている。(横浜・八家宏太)

ダイヤモンドプリンセス号寄港による風評被害や休業要請などで、横浜市内の飲食店は深刻な打撃を受けている。商業施設を運営する横浜岡田屋(横浜市西区)は横浜駅周辺で売り上げが3月は40%減少し、4月は90%以上の減収見込み。政府の要請で食品売り場のみ営業を継続しているが、同売り場の中には休業したいとの声もあるという。

横浜岡田屋の岡田伸浩社長は「本当の延命策がないまま、要請が続くことは深刻。営業するだけで社会からシビアな目を向けられる。従業員の疲弊、人材流出の危機感がある」と先行きの見えない状況への不安を訴える。

金融機関では特別融資などの申し込みが急増している。横浜銀行では3月10日から4月17日の間に新型コロナ関連融資が約4500件(約1800億円)、融資の期限変更などの条件変更が600件に達した。窓口対応に人手が足りておらず、本部から応援要員を送らなければならない状況だ。

融資の振り込みまでは基本的に1週間を要するが、横浜銀の大久保千行顧問は「3日程度にできないかと検討を進めている」と手続きの迅速化に向けて取り組む考えだ。

横浜商工会議所の上野会頭は政府の対応について「新型コロナで生じる資金繰り、雇用の問題に対応できるように政策を打ってほしい」と求めた。新型コロナの影響で経営に影響を受ける企業には「経験を踏まえてスピードを持って対処しなければならない。(企業と)伴走しながらともに問題の解決を図る」と支援する考えだ。

(2020/5/1 05:00)

東日本・西日本のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる