日本軽金属グループ グループに連携しCSRに注力【地球環境特集より】

(2020/2/28 05:00)

 海洋プラスチック問題が広く認識される中、リサイクル性に優れたアルミニウムは循環型社会の形成に貢献できる素材といえる。アルミニウム総合メーカーの日本軽金属グループは各事業を通じたCSRの取り組みに力を入れている。

 同グループは新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)や日本アルミニウム協会と共同でアルミ車両の水平リサイクルに取り組んでいる。品質の劣化を伴うカスケードリサイクルに対し、水平リサイクルはスクラップを同品質の原料にリサイクルする仕組みだ。鉄道車両を解体し、回収したスクラップを分析、選別して鋳造することで水平リサイクルを実現している。

  • 日本軽金属では特殊合金の循環システムを構築している

 日本軽金属では自動車部品に使用される特殊合金スクラップのリサイクルを行っている。同社は静岡県の工場で製造した特殊合金を輸出し、タイのグループ会社で加工し、販売している。タイで発生するスクラップは積載効率が悪く、日本の工場に送り返す輸送コストの面で課題があった。そこでコンテナへの積載効率に優れた寸法のスラブに鋳造し、工場に循環するシステムを構築し、17年から運用している。

 そのほか、日軽パネルシステム(東京都港区)では断熱パネルのノンフロン化を行った。製品製造時の環境対策だけでなく、廃棄時までを見据えた課題解決に意欲的だ。日本軽金属CSRグループの桑田吾積課長は「グループ会社ごとの方針をいかに融合させ、連携していくかが重要。バリューチェーン全体に貢献していきたい」と今後の展望を話した。

(2020/2/28 05:00)

この記事は下記の「Journagram」にも掲載されています→ Journagramとは

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる