新型コロナ/神奈川県央の中小、樹脂フェースシールド製造・提供 市・大学向けに

(2020/5/18 05:00)

  • フェースシールドを装着する若林アトラス取締役

神奈川県綾瀬市や相模原市など県央地域の中小企業が、新型コロナウイルス感染症対策として樹脂製フェースシールドを自治体や大学に無償提供している。大協技研工業(相模原市南区)は4月末に座間市、相模原市へフェースシールドを無償提供。綾瀬市でも誠武(綾瀬市)が医療従事者向けに寄贈した。「自社の技術で力に」という思いが発端だ。(相模原支局長・石橋弘彰)

大協技研工業は樹脂リードモデル(座間市)と共同でフェースシールドを製造。相模原市、座間市に200個ずつ提供した。主力製品の粘着シートを打ち抜くプレス機と、3Dプリンターを活用した。大協技研工業によると発案から3日で完成に行き着いたという。

アトラス(相模原市中央区)は創価大学、拓殖大学にそれぞれフェースシールド50個を提供。当初は3Dプリンターでフレーム部分を製造していたが「もっと製造スピードを速めたい」(若林祐次取締役)と、マシニングセンターによる切削加工に切り替え、設計も変更した。1週間で1500個製造でき、3Dプリンターより4倍近く速い。要望があれば外販するという。

誠武は金属・樹脂製品の設計や精密加工が主業務。フェースシールド300個を綾瀬市に順次寄贈する。今後も、必要な感染予防関連製品を製作したいとしている。

イーグルデザインモデル(神奈川県大和市)は神奈川大学が無償提供するデータを基に、得意の樹脂加工技術で切削加工によりフレームを作成。市販のクリアフォルダーをフェースシールドに使った。100個を大和市に寄贈する。

(2020/5/18 05:00)

東日本のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる