新型コロナ/伊福精密、フェースシールドと樹脂製マスク生産 3Dプリンター活用

(2020/5/22 05:00)

  • 伊福精密が生産する樹脂製マスク

【神戸】伊福精密(神戸市西区、伊福元彦社長、078・978・6760)は新型コロナウイルス感染拡大を受け、自社で所有する3Dプリンター6台を活用しフェースシールドと樹脂製マスクの生産に乗り出した。フェースシールドは大阪大学大学院医学系研究科が公開したデータを基にフェースシールドを製作。神戸市などを通して医療資材の不足が続く兵庫県下の医療機関に無償提供する。

フェースシールドについては日産60個を手がけられる。月1200個程度を医療機関に供給する方針。一方、樹脂製マスクは内側のポケットにティッシュやキッチンペーパーなどを挟んで使用する。原料はPLA(ポリ乳酸)で、マスク本体を洗浄でき、繰り返し使える。

現在、従業員への配布向けマスク製作にとどまるが、伊福精密が持つ金属3Dプリンターで金型を作成した上で、射出成型での量産を検討中。複数の射出成形機メーカーと生産条件面などで協議しているという。

伊福社長は「マスク着用の常態化を見据え、今後はマスクストラップの開発に着手する。マスクを含めたファッション性と、マスクひもの耳への負担を低減できる商品群の開発・販売を計画している」と話す。

(2020/5/22 05:00)

東日本・西日本のニュース一覧

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる