産業春秋/テレワークと働き方改革

(2020/5/28 05:00)

新型コロナウイルス対策で働く人の意識は変わったろうか。日本生産性本部が実施した意識調査からは、変化することの難しさが読み取れる。

働き方が「変わった」との回答は約6割。具体的施策は「特にない」が46・3%と最多だった。「自宅での勤務」は29・0%、「時差出勤」が16・3%などで「柔軟な働き方が一般化したとは言えない」と分析している。

なにかと話題のテレワークには約6割が満足しており、同じく6割強が感染症収束後の継続に肯定的だ。一方でデータの共有や自宅の執務環境などの課題はあり「特に課題を感じていない」はたった8・4%。さらに自宅勤務で効率が「上がった」との実感は3割強しかない。

日立製作所が、コロナ収束後も在宅勤務を標準とした人事制度の見直しを行うと発表した。時間ではなく仕事の成果で評価するいわゆるジョブ型への移行など、働き方改革を一気に進める。同時に自宅での業務に必要な経費も補助するという。

コロナと共存した経済活動のあり方が問われている。多様な働き方で生産性を向上させるために試行錯誤がなされるだろう。ただ、働く人の気持ちが改革に付いていかなければ、成果は乏しい。各社で話し合いを進めてほしい。

(2020/5/28 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる