社説/新卒選考活動解禁 採用の好機、創意工夫で対応を

(2020/6/2 05:00)

2021年春卒業の学生らを対象にした採用の選考活動が解禁された。例年と異なる対応が求められるが、人手不足に苦しむ中堅・中小企業にとっては好機とも言える。創意工夫で人材獲得に取り組んでもらいたい。

新型コロナウイルス感染症は、企業の採用活動に多大な影響を及ぼしている。大手でも業績悪化に直面し、採用中止や採用数を絞り込む企業が増加している。いわゆる「3密」回避で、希望者を集めた就職説明会や採用試験を開催できず、オンライン面接に切り替えるといった対応もとられている。

すでに大手やIT企業のなかには、最終面接までオンラインで行い、内定を出したところもある。ただ、学生のなかには、内定を得ても直接企業を訪問したり、会社側と会話ができていないことに不安を感じ、就活を続ける意向を持つ人も多い。

中小企業は、就活支援事業者が行う大規模な企業説明会の中止で、学生への接触機会が絶たれたことに困惑する声も聞く。東京商工会議所が会員企業を対象に調査したところ、新型コロナで採用活動に「影響が生じた」とする企業が回答者の83%、採用活動を「中断・延期している」が約半分を占めた。一方、採用人数は「当初計画通り採用」が66%と、採用意欲は依然として強いことが分かった。

大企業のようなオンライン面接の仕組みがとれず、採用活動を延期し、様子をみているという状況のようだ。ただ、漫然と時期を待つのではなく、自社のウェブサイトを工夫し、事業内容やそこで働く社員の姿を伝えたり、就職希望者からの問い合わせに対応するなど、自社でやれる限りの工夫を講じ、応募者との接点を持つ努力をしていくべきだろう。

バブル崩壊やリーマン・ショック後に、企業が正社員の採用を急激に絞ったことで、就職氷河期世代が生じた。企業にとって人材確保は最も重要な経営課題である。景気動向にかかわらず一定数の人材を定期的に獲得することが、持続可能な成長の早道である。学生との対話を重ね、採用を実行してもらいたい。

(2020/6/2 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる