新型コロナ/東京アラートで逆戻り回避 経済活動再開も警戒心共有

(2020/6/4 05:00)

  • 初の「東京アラート」を発し、赤くライトアップされた都庁舎

東京都が新型コロナウイルス感染症対策のロードマップを公表後、初めての「東京アラート」発動期間に入った。ロードマップ上の現在の位置付けはステップ2。百貨店やショッピングモールでの生活必需品以外の売り場や映画館、スポーツジムなどを休業要請対象から外した段階で、今週に入り経済活動を再開し始めている。新規感染者の増加傾向がみられた中、“逆戻り”を食い止めるための重要な局面にさしかかった。(編集委員・米今真一郎)

東京都はロードマップのステップをこの1週間で矢継ぎ早に進めてきた。5月26日0時にステップ1へ、6月1日0時にステップ2に移行。その直後の2日夜の対策本部会議で、警戒を呼びかける東京アラートを発した。

現状は5月の大型連休明けに人々の動きが活発化した期間の結果が出る時期にあたる。感染や発症が明確になるのがおおむね2週間とすると、5月26日の2週間前は連休明けすぐの12日、6月1日の2週間前は5月18日となる。

小池百合子知事は2日、対策本部会議のベースとなる専門家による審議会で「そのままにしておくとまた繰り返しになる」「(警戒を呼びかける意味で東京アラートを)この段階で出すべきだ」との意見が出されたと説明。小池知事も異論をはさまなかった。

小池知事はもともと、東京アラートを発してもステップを即座に戻すとはしていない。だからといって油断すれば、間違いなくモニタリング指標は悪化する。さらに言えば東京アラートに限らず、適切な警戒心は今後も長期間必要になる。ウィズ・コロナは、ウィズ・アラートの時期として臨むしかない。

(2020/6/4 05:00)

東日本のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる