社説/9月入学問題 長期的視点で実現を考えよ

(2020/6/4 05:00)

学びの機会をどう確保し、より良いものとするか。幅広な視点で議論を継続すべきだ。

学校の9月入学を巡る政府・与党の議論がまとまり、2020年や21年の実施は見送りとなった。拙速な移行は混乱をもたらすだけであり、妥当な内容と受け止めたい。

早急に取り組むべきは、新型コロナウイルス感染症による長期の学校休校で奪われた学びの機会をいかに取り戻していくかだ。夏休みの短縮など授業時間の確保が検討されているが、地域や学校間で学力格差が生じている。全国的な調査で実態を明らかにする必要がある。

中高の3年生にとっては、受験がいつどのようなかたちで行われるのかが気がかりだろう。特に大学入試は大学入学共通テスト導入の初年度である。入試時期や出題範囲の調整など、方針を早めに示すべきだ。

9月入学問題が浮上した背景には、学力格差の是正とともに、欧米の多くがとる秋入学に合わせることで、留学生を呼び込みやすいという考えがあった。経団連など産業界からも歓迎する声が上がっていた。

安倍晋三首相は4月に「前広にさまざまな選択肢を検討する」と言及し、政府内で21年9月実施の可能性を示して検討を重ねてきた。

これに対し日本教育学会が、9月入学切り替えにかかる国や自治体、家庭の負担などの費用が6兆―7兆円と試算。それよりもパソコンなどオンライン教育に必要な情報通信技術(ICT)環境の充実などに投資すべきだと提言。自民党の作業部会も「20、21年度の直近での導入は困難」との提言を安倍首相に提出したことで、早急な実施の見送りが固まった。

9月入学問題は古くて新しい議論であり、メリット・デメリットの論点はほぼ出尽くしている。この間の検討で明らかになったのは、移行にはコストと時間が必要ということだ。こうした課題を乗り越えられれば、9月入学への道も開かれるだろう。学びの機会の充実や国際化など、より良い方向を目指し、検討を継続してもらいたい。

(2020/6/4 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

  • 2020/07/13

    本日13日は新聞休刊日のため、電子版も朝刊記事の更新はありません。ご了承ください。

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる