産業春秋/「はやぶさ2」延長ミッション

(2020/6/16 05:00)

日本の小惑星探査機『はやぶさ2』は年末の地球帰還を目指し、9月まで第2期イオンエンジンを運転中。担当者は「何もすることがないぐらい順調」と、トラブル続きだった初代との違いにニッコリ。

深宇宙なら新型コロナウイルスに無縁かと思えば、さにあらず。宇宙航空研究開発機構(JAXA)准教授の吉川真さんは「(制御する)管制室に入れなくなったら大変。予防を徹底し、人も減らした。帰還予定地の豪州との打ち合わせも対面では出来ない」と悩みを話す。

ハードルは残るものの、帰還が見えてきたことで注目されるのが延長ミッションだ。採取した試料を搭載した耐熱カプセルを分離した後、探査機本体が他の天体を目指すことは当初から想定していた。

地球到着時に燃料は55%が残る予想。イオンエンジンの設計寿命は1万4000時間だが、同型機の地上実験では6万時間の稼働に耐えている。余裕はありそうだ。

吉川さんは「行けそうな小惑星は300くらい。フライバイ(近傍通過)ではなくランデブー(接近遭遇)したい」と意欲的。小惑星『リュウグウ』への往復とは違う片道飛行だが、その分、遠くに行けるわけだ。新たな宇宙の謎に挑む“第2幕”が待ち遠しい。

(2020/6/16 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

日本ドローン年鑑 2021

日本ドローン年鑑 2021

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集
装置を動かすラダー図作成のテクニック

必携 PLCを使ったシーケンス制御プログラム定石集 装置を動かすラダー図作成のテクニック

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる