旭化成 B to Bマーケティング改革【PR】

(2020/5/25 05:00)

  • デジタルで顧客とのつながりを情報資産に変える(昨年の自動車関連の展示会)

顧客情報、全部署で活用

 旭化成は、なぜデジタル変革(DX)の主要テーマに「デジタルマーケティング」を据えるのか。マーケティング&イノベーション本部の宇高道尊マーケティング統括部長は、「BツーBビジネスを行う企業には、マーケティングの思想自体がなかった。経験則に頼るやり方を科学的なものに変えるにはデジタル技術は必須のツールだ」と指摘する。

データ活用のために今、すべきこと

B to B取引の新しいつながりとは

【変化読み解く】

 今、自動車をはじめ顧客産業で技術革新が進み、ロボットなどの新市場も拡大している。経験を積んだ営業マンの肌感覚も重要だが、それだけでは幅広い社会の変化を全ては読み解けない。

科学的なマーケティングはデータ分析が基盤であり、最も頼りになるデータは営業担当者の中にある。そこで旭化成は、営業担当と顧客のコミュニケーション情報を吸い上げて見える化するため、顧客情報管理(CRM)システムの導入を始めた。「顧客の機密情報は守りつつ、部署の壁を越えてデータを共有し、資産として活用する」(宇高部長)。

 例えば、自動車向けの多様な製品群の担当者らが持つ情報を分析すれば、自動車産業が進む方向を読み解けるかもしれない。

データ活用は研究・開発本部との連携が深く、河野禎市郎インフォマティクス推進センター長は「顧客情報が集まれば集まるほど、(データを用いて素材開発を効率化する手法の)マテリアルズ・インフォマティクスも強くなる」と期待する。

【会うタイミング】

 一方、CRMシステムは、営業担当者のコミュニケーションも助けられる。新型コロナウイルス感染症の影響もあり、顧客との対面は新規顧客や重要な時に絞られる見込み。同システムに記録された営業活動情報から“直接会うべきタイミング”を分析することなども想定する。

 またデジタル技術を使って顧客とつながる方法を模索することもデジタルマーケティングの仕事だ。現在、今秋に開催予定の自動車関連製品・技術のオンライン展示会を鋭意企画中で、「デザインや見せ方を工夫し、ビジネスのマッチング性が上がるようにしたい」(宇高部長)と話す。

【攻めのツール】

 現在は情報分析や顧客との接点づくりによる営業活動の支援が先行するが、宇高部長は「DXを使って、(営業活動で)付加価値を付ける“攻めのツール”も構想中だ」と明かす。例えば、知的財産情報(IP)のビッグデータを分析して得られる情報や、顧客の求める機能や成形方法に適した部品の構造データを、素材と一緒に提供すれば、素材の付加価値も上がる。

DXで成長の芽を見つけ、マーケティング・営業からも新事業の創出を加速させる。

 この度セールスフォース・ドットコムが主催するSalesforce Live:Manufacturingでは、データを活用した企業間取引の強化をテーマに、ウェブセミナーを開催。

 本セクションでは、セールスフォース・ドットコム DMBU Commerce Cloud Regional Sales Directorの向山泰貴氏が登壇。対面ではない取引を強化していくため、先行事例を交え、紹介する。講演は7月15日(水)の10時30分から50分まで。聴講には事前の登録が必要。詳しくは下記から。

これからの"ニューノーマル"時代における B2B 企業間取引の新たなつながり方

株式会社セールスフォース・ドットコム DMBU Commerce Cloud Regional Sales Director 向山 泰貴 氏

申し込みはコチラから!

(2020/5/25 05:00)

この記事は下記の「Journagram」にも掲載されています→ Journagramとは

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる