産業春秋/リモートの利便性

(2020/7/7 05:00)

4月、5月は企業を訪ねての取材がほとんど入らなかった。人に話を聞くことが仕事なのに、それができないのだから八方ふさがりの気分。ようやく6月からスケジュールが埋まり始めた。取材相手の表情を確かめ、間合いを取っての会話のありがたみを感じる。

一方でリモートの利便性を実感したのも事実だ。オンラインのレクチャーや記者会見。どこからでも視聴できて、質疑応答も事足りる。これまで会場に足を運んでいた労力は何だったのかと思う。

一般ビジネスの会議や打ち合わせも同様だろう。狭い部屋に居合わせることの必要性を考え直させられる。移動の時間や費用の節約、スケジュールの調整しやすさ。リモートを上手に使えば生産性を向上させられる。

スポーツやコンサートなどのリアルのイベントは、新型コロナウイルスが収束すれば人が戻ってくるだろう。ただ、むやみに参加者を増やして開催するだけの会議室にはビジネスパーソンは戻らない気がする。

では記者会見はどうあるべきか。やはり実際に開いて欲しい。生で聞く方が会見者の意図は伝わりやすい。会見前後に会見者や関係者と立ち話をする機会も貴重だ。リモートにも限界はある。

(2020/7/7 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる