働き方改革/富士通、テレワークシフト 国内8万人が新勤務形態に

(2020/7/7 05:00)

富士通は6日、新型コロナウイルスの感染対策を契機とするニューノーマル(新常態)な働き方として、約8万人に及ぶ国内本社・グループ従業員を対象に、テレワークを基本とする新しい勤務形態「ワーク・ライフ・シフト」を導入すると発表した。人事制度とオフィス環境整備の両面からさまざまな施策を今月から順次実施する。社内実践の成果は客先のデジタル変革(DX)に役立てる。

ワーク・ライフ・シフトは「スマート・ワーキング」「ボーダーレス・オフィス」「チェンジ・カルチャー」の三つで構成する。

スマート・ワーキングは製造拠点や客先への常駐者などを除く、国内の全従業員を対象とし、従来の通勤の概念を変える。テレワークの全面導入に伴い、7月から在宅勤務の環境整備費用の補助で月額5000円を支給するほか、通勤定期券代の支給を廃止する。テレワークと出張で従来業務に対応できる単身赴任者は自宅勤務への切り替えを進める。

ボーダーレス・オフィスは個々の業務内容に合わせて、自宅やサテライトオフィスなどを選択できる勤務形態にする。同時に、全席をフリーアドレス化することで、2022年度末までにオフィス規模を現状の50%程度に減らす。

また、チェンジ・カルチャーは従業員の不安やストレスの早期把握や満足度を測るパルスサーベイ(簡易的な調査を繰り返す手法)診断を実施する。

(2020/7/7 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる