機械設計8月号/精密位置決め技術の最新動向と要素技術を活かした設計への展開

(2020/7/9 05:00)

日刊工業新聞社が10日に発売する月刊誌「機械設計8月号」は「精密位置決め技術の最新動向と要素技術を活かした設計への展開」を2部構成で特集する。

特集パート1では最新の位置決め技術を紹介。精密工学会の専門委員会が2018年に実施した調査に基づき、静岡大学の大岩孝彰教授が位置決め技術の動向を解説する。ボールネジを用いた位置決め機構や静圧空気軸受、多軸精密位置決めセンサー、リニアボールガイドを用いたナノメーター輪郭制御などの近年の研究事例も取り上げた。

パート2では、要素部品メーカーがステッピングモーターやリニアモーター、回転位置決め装置の最新機能や活用ポイントを紹介する。

精密位置決め技術は工作機械や製造装置、検査・測定装置などの運動・位置決めに不可欠。設計者は用途に応じて適切な案内方式を選択した上で、剛性の高い位置決め機構の設計、信頼できる変位センサーや応答性の良いアクチュエーターの選定、外乱振動や温度変動を排除するための環境制御などが必要となる。

(2020/7/9 05:00)

機械・ロボット・航空機2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる