社説/イノベーションの好機 逆境の時こそ攻めの投資貫け

(2020/7/16 05:00)

新型コロナウイルス感染拡大による企業業績の悪化で、イノベーションの停滞が懸念される。企業は守勢に回るだけでなく、コロナ禍をイノベーション加速のための機会と捉え、攻めの投資を貫くべきだ。

政府は「統合イノベーション戦略2020」を近く閣議決定する。コロナ感染対策で取り組みの遅れがあらわになった、デジタル化・リモート化への対応が焦点だ。教育、研究、公共事業、物流など、あらゆる分野でデジタル・リモート化に向けた基盤整備を進める。

その推進力として期待されるのが、オープンイノベーションだ。大企業がベンチャーや中小企業の技術やアイデアを組み合わせ、革新的なビジネスモデルや製品、サービスを共創する。政府はオープンイノベーション促進税制を創設し、投資を後押しする。

ただコロナ禍で、大企業のスタートアップ企業への投資に急ブレーキがかかることが懸念されている。デロイトトーマツベンチャーサポートの調査によると、大企業系投資会社の約9割が、20年のスタートアップ企業などへの投資を19年より減らす見込みと回答している。

オープンイノベーションの実施率は、欧米企業の78%に対して日本企業は47%に留まっている(「日米欧企業におけるオープンイノベーション活動の比較研究」学習院大学経済論集)。

ここ数年、日本でも大企業によるオープンイノベーションはブームの様相を呈していたが、起業支援の専門家は「成果より投資そのものが目的化しているケースも少なくない」と内容の乏しさを指摘する。

資金繰りに苦しむベンチャーが増えている今こそ、有望な投資先をみつける好機だ。リモートワーク関連や遠隔医療、配送ロボットなど、人と人との接触を減らす分野のビジネスチャンスが拡大している。コロナ収束後は、人手不足解消や働き方改革にも資する領域での新規事業は、息の長い需要が見込める。逆境の時こそ、オープンイノベーションを事業創出の有効手段と位置づけたい。

(2020/7/16 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる