新型コロナ/段ボール間仕切りで感染対策 避難所向けに開発相次ぐ

(2020/7/28 05:00)

  • 加藤段ボールが避難所用に千葉県野田市と共同開発した段ボール製間仕切り(同市提供)

豪雨被害を受けて九州や東海地方に設置された避難所で、最大の懸案となっているのが新型コロナウイルス対策だ。飛沫(ひまつ)感染を防げる段ボール製の間仕切りに注目が集まり、独自製品の開発に乗り出す企業も増えている。段ボールの間仕切りは組み立てが容易で、形も自由に変えられる。不要になったら再利用できるのも利点だ。

加藤段ボール(東京都)は、コロナ対策としてデスク用の間仕切りを千葉県野田市に紹介したことをきっかけに、避難所向け製品を市と共同開発した。3人用(縦横2メートル、高さ1・45メートル)の参考価格は1セット4300円程度に抑え、市には2100セットの納入を予定している。

同社の担当者は「誰でも簡単に組み立てられるデザインが好評だ」と話す。工場がある福島県の自治体にも購入を提案中という。

航空・宇宙部品の組み立てが主力事業の東明工業(愛知県知多市)も、4月に避難所用の段ボール製間仕切りを売り出した。2メートル四方(高さ2メートル)の居室用間仕切りは、接続部品やテープ、軍手、マジックなど全てセットで1万7600円。圧迫感がなく清潔に感じられるよう、白色に加工したのが特徴だ。

同社は東日本大震災後、部品梱包(こんぽう)用の段ボールを転用したベッドやトイレなどを販売。新型コロナによる航空機需要減少で売り上げは前年比3割程度落ち込んでおり、担当者は「事業の多角化を目指したい」と話している。

(2020/7/28 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる