社説/資産売却きょう効力 「徴用工」、韓国は賢明な判断を

(2020/8/4 05:00)

国際法に反する状態を放置し、日本企業に実害が及べば、日韓関係は大きく傷つく。韓国側が賢明な判断で対処することを訴えたい。

韓国最高裁が戦時中の元徴用工への賠償を日本製鉄に命じた判決で、資産差し押さえの通達書類が届いたとみなす「公示送達」の手続きが4日に発効する。これにより韓国側の訴訟代理人は、差し押さえた資産を現金化できるようになる。

日本政府は徴用工問題について、1965年(昭40)の日韓請求権協定によって「完全かつ最終的に解決済み」との立場だ。韓国政府も同じ考えだったが、最高裁判決以後、問題解決を放置している。韓国側の事情だけで国家間の約束を反故(ほご)にする行為は、国際法に照らしても許されない。

日本側には韓国の判決を受け入れる考えはなく、仮に日本企業の資産が一方的に現金化された場合には対抗措置を講ずることを示唆している。友好国との関係ではあり得ないもので、日韓関係が一段と困難になるのは避けられない。

韓国国内には徴用工を人道問題と見なし、日本に譲歩を求める世論がある。愚かな戦争の中で、多くの若者が労働にかり出されたのは事実だ。労働環境の過酷さや賃金支払いの有無は、さまざまな資料があり断定できない。両国政府は、そうした状況を踏まえた上で協定を結び、日本側が事実上の賠償金を支払うことで国交を正常化した。この歴史は書き換えられない。

韓国政府が今に至るも自国の国民に十分な説明をせず、司法手続きを傍観していることは賢明な判断とは言えない。韓国の責任において対処方針を決め、必要なら日本に協力を求めるべきものだ。

日本企業の資産の差し押さえが効力を持っても、実際の現金化までは時間を要するとみられる。韓国政府が指導力を発揮する最後のチャンスだ。

両国の産業界にとって隣国は重要な市場であり、また事業パートナーでもある。日韓関係を破局させぬよう、韓国側の英断を切に望む。

(2020/8/4 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる