産業春秋/暑気払い

(2020/8/13 05:00)

コロナ禍の特別な夏。ことしは地元で飲む機会はなさそうだと思っていたら、友人からビワの葉茶が届いた。江戸時代の暑気払いではやったのがビワの葉を使った漢方や茶。

一緒に暑気払いできない代わり、ということらしい。現代ではもっぱら、宴会でビールを飲むイメージが強い暑気払い。本来は身体を冷やす効果があるとされる飲み物や食べ物で、体内にたまった熱を取り除くことを言う。

ナスやトマト、きゅうりなど夏野菜は代表格。飲料でいえばビールやコーヒー、緑茶がこれにあたる。意識せず摂取しているものも多く、身体が自然と欲するものなのかもしれない。

暑気払いの時期は夏至から、暑さが和らぐ処暑までが目安。2020年の処暑は23日なので気がつけばあとわずか。ビワの葉茶を飲みながら、ふと思いつき効能をネットで調べたところ「肺を清める」との表記も。裏付けるデータは見つからず、なんとも真偽はつけがたい。

人は信じたいものを信じがち。大阪府知事会見を発端に、うがい薬が店頭から消えた。しかし、データが“見つからない”“足りない”ことで全否定するのもまた早計。なにごとも一喜一憂せず、情報を吟味して判断したいものだ。

(2020/8/13 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる