新型コロナ/カネパッケージ、避難所用段ボール間仕切りに屋根追加

(2020/9/10 05:00)

【川越】カネパッケージ(埼玉県入間市、金坂良一社長、04・2936・3031)は、屋根の付いた避難所向け段ボール製パーテーション(写真)を製品化した。防災・救助用品などを扱う星野総合商事(埼玉県川口市)が販売する。価格は1万8000円(消費税抜き)。災害時の避難所の新型コロナウイルス感染防止策として、上方からの飛沫(ひまつ)の拡散を抑え、避難者のプライバシーにも配慮できる。

サイズは幅2×奥行き2×高さ1・5メートル。このうち屋根が約半分の幅2×奥行き0・96メートルを覆う。屋根を設けたことで4側面の強度が増して支柱が不要になり、コスト低減や組み立てやすさにつなげた。重さは約15キログラム。組み立ては壁板の端に付いた両面テープでつなぐ方式。10分程度で完成する。

屋根は着脱式で不要なら取り外せる。サイズを合わせた専用の段ボール製ベッド(幅200センチ×奥行き80センチ×高さ37センチメートル)も用意。分割して椅子としても使える。重さは約12キログラム。同じく星野総合商事が販売する。

(2020/9/10 05:00)

東日本のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる