産業春秋/大坂なおみの成長

(2020/9/15 05:00)

日本だけでなく、米国や世界に感動を与えた勝利だった。大坂なおみがテニスの全米オープンで、ベラルーシのビクトリア・アザレンカを破り、2年ぶり2回目の優勝を果たした。第1セットを落としながらも、粘り強く戦い、勝利を手にした。

大坂は初戦から毎回、人種差別被害にあった人の名前を記した黒マスクを着用し、社会への抗議の気持ちを示していた。「マスクは決勝戦まで7枚分を用意した」と発言し、実行したことに、並々ならぬ決意が感じられた。

スポーツの場で主義主張を表明すべきでないという意見もあるが、大坂の行動を多くの人々が支持した。実際彼女が勝ち進むにつれ、世の中の関心も高まっていった。

彼女が強くなったのは、新型コロナウイルス感染症により、試合ができない中でも、心身両面を鍛える努力を地道に続けていたからだ。左右に振られてもぶれない体幹と、窮地に立たされても自分の気持ちを冷静に保つ心の強さを獲得した。

2年前の全米でセリーナ・ウイリアムズを破って初優勝を遂げた時は、「こんな終わり方になってごめんなさい」と泣きそうな声で言っていたのが、今回は堂々たる姿だった。成長したなおみを心から祝福したい。

(2020/9/15 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる