新型コロナ/人手不足感、24ポイント低下 日商・東商調べ

(2020/9/17 05:00)

コロナ後の働き方、「時間に柔軟」35%

日本商工会議所と東京商工会議所は共同で「人手不足の状況、アフター・コロナを見据えて推進すべき働き方に関する調査」の結果をまとめた。新型コロナウイルス感染症の影響により人手不足感は低下。今後の働き方については「時間にとらわれない柔軟な働き方」が求められた。

「人手が不足している」と回答した企業の割合は36・4%と、新型コロナウイルス感染症拡大の影響が現れ始めた2、3月時点の調査と比べて24・1ポイント低下した。「不足している」と回答した企業の割合を業種別にみると、「介護・看護」(66・0%)、「建設業」(56・9%)、「その他サービス業」(44・0%)が依然高い。

アフター・コロナを見据えて政府が要件や規制を緩和すべき働き方・推進すべき取り組みについては、「時間にとらわれない柔軟な働き方」を挙げた企業の割合が35・9%と多い。内訳としては「フレックスタイム制」が51・3%と最も多く、次いで「裁量労働制(専門業務型、企画業務型)」が45・4%、「変形労働時間制」が42・1%と続いた。

同調査は7月16日から8月7日にかけて実施。全国47都道府県の393商工会議所が会員中小企業2939社から有効回答を得た。回答率は48・9%。

(2020/9/17 05:00)

中小・ベンチャー・中小政策のニュース一覧

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる