産業春秋/正代の初優勝

(2020/9/29 05:00)

大相撲秋場所は関脇の正代が13勝2敗で初優勝し、大関昇進を確実にした。熊本県出身の力士が賜杯を手にしたのは正代が初めて。白鵬、鶴竜の二横綱が初日から休場する異例の場所だったが、大関、関脇を軸に終盤は大混戦となり、大いに盛り上がった。

両横綱をはじめ秋場所の休場は十両以上で13人にのぼり、取組数が通常より少なかった。このため幕内の取組前半と後半の間に長い休憩があったり、仕切り時間が長かったりという違和感もあった。

先場所に幕尻優勝して注目を浴び、今場所も健闘していた前頭筆頭の照ノ富士は前日の取組で負傷し、13日目から休場した。すでに勝ち越しを決めていたため、来場所での三役復帰はほぼ確実なのだが、休場は11度目というから驚く。

休場13人のうち出場停止の1人と所属する部屋の集団感染による2人を除く10人は、けがなどによるもの。激しいぶつかり合いが特徴の相撲ならではといえるが、鍛錬も実力のうち。

「コロナ禍で十分な稽古ができなかった」と語る力士が多く、それが多くの休場につながったのではないか。コロナ禍が収束して、体調不良を理由とする休場が減り、満員の会場を沸かすことを期待したい。

(2020/9/29 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる