産業春秋/ダチョウさまさま

(2020/10/5 05:00)

ダチョウをつれた旅人が砂漠に踏み迷う。食料は分け合い、夜は添い寝する。だが旅人は食料が少なくなると独り占めする。それでも従順なダチョウは旅人を離れない。

ある晩、ダチョウが旅人の懐中時計を飲み込んでしまうと、旅人はダチョウの腿(もも)肉を食べ始める。揚げ句は体内に手を突っ込み、金目になる時計を奪い取ろうとする。ダチョウは激怒し旅人をついばみ骸骨にしてしまう。短編小説『駝鳥』(筒井康隆著)は人間の奥底にある浅ましさをブラックユーモアで描く。

実際にダチョウは多少のケガや病気で死ぬことは珍しく60年も生きる。その秘密は驚異的な免疫力と回復力にあるのでは―。京都府立大学の塚本康浩教授の探究心は、ダチョウの卵からウイルスを不活化する強力な抗体の発見につながる。

4月には学長に就任したが「ダチョウは爬虫(はちゅう)類に近いため、まだ進化できる。抗体も多様性に富む」とダチョウへの情熱は変わらない。科学技術振興機構(JST)の支援で確立した量産技術は、マスクや空調フィルターの高機能化に貢献しつつありコロナ禍でも脚光を浴びる。

餓鬼と化していく旅人はもしや自分かもしれぬ。旅人に成り代わりダチョウに詫びたい。

(2020/10/5 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる