産業春秋/ハンコ文化

(2020/10/8 05:00)

「すべての行政手続きにハンコが要らなくなるような誤解を生み残念だ」。デジタル化を推進する一環として府省庁の行政手続きは押印を可能な限り不要とする―。河野太郎行政改革担当相の発言に、業界関係者はいら立ちを隠せない。

批判の矛先は報道機関にも向けられる。「ニュースを面白く伝えようと大臣発言を断片的に切り取り、正確さを欠いた」と取材でお叱りを受けた。業界団体は政府とともに報道機関にも抗議したという。

印鑑業界は後継者難と需要減少で廃業が後を絶たない。山梨県は全国一の生産量を誇る。手彫りの技術が100年以上継承されているが、今では40代後半が一番の若手になった。

墨で印面に逆さ文字を字入れし、粗彫りから丹念に仕上げていく。印鑑は縁起物のため運気の知識も要る。印相体や古印体など多様な書体を彫れるまで10年はかかるそうだ。

「ハンコ文化はデジタル社会と共存共栄できるはず」と、彫刻業者などで組織する六郷印章業連合組合(山梨県市川三郷町)の担当者はみる。ただ機械彫りの普及により手彫り印鑑は価格面で押され気味だ。手彫りならではのぬくもりや柔らかさを大切にする社会の価値観まで廃れてほしくない。

(2020/10/8 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる