産業春秋/気候変動危機

(2020/10/19 05:00)

「誰一人取り残さない」と聞き、すぐに国連の持続可能な開発目標(SDGs)が思い浮かぶ。そんな人が増えているのではないか。

中小企業にとって気候変動は縁遠いようだが、神奈川県で頼もしい連携が始動する。小田原箱根商工会議所、小田原市、箱根町など7団体は27日に、「小田原・箱根気候変動ワンチーム宣言」を採択する。

きっかけは2019年の台風19号。箱根登山鉄道の線路が流され、被害を身近で経験した。地域が一体で気候変動対策に取り組むのは国内初という。「気候変動とコロナは裏表の問題」と、再生可能エネルギーの「地産地消」拡大も視野に入れる。

国のエネルギー政策の方向性を示す「エネルギー基本計画」の見直しへ議論が始まった。再生エネの電源構成比率(現行30年目標22―24%)をどこまで積み増しできるかが、今後の技術革新や産業競争力の行方を左右しそうだ。

21年11月に英国で開催される第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)では、環境先進国と胸を張れる将来像を発信したい。コロナ禍でも脱炭素社会へ世界の動きは加速している。中小企業と住民による地道な活動に励みとなるような風を吹かせてほしい。

(2020/10/19 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる