社説/はやぶさ2カプセル帰還 きょうの感動をあすの技術に

(2020/12/7 05:00)

夜空を貫いたひと筋の火球に、日本の科学技術の輝きを見た思いがする。

日本の小惑星探査機「はやぶさ2」の再突入カプセルが6日未明、地球に帰還した。関係者の努力に敬意を表したい。カプセルは落下目標だった豪州南部の砂漠で回収され、軌道制御技術の正確さを示した。日本に持ち帰った後、小惑星リュウグウで採取したとみられる試料の有無を確認する。

相次ぐ不具合に苦しみ、地球帰還そのものが「奇跡」と呼ばれた初代「はやぶさ」に比べ、2代目の活躍は順調だった。目的地・リュウグウの地表が予想外に岩だらけだったにもかかわらず、2度のタッチダウンを成功させた。小型表面探査車の投下や人工クレーターをつくる衝突実験など、予定された他の任務も着実にこなした。

それは失敗の教訓を次に生かし、成功を導くという日本のカイゼン活動を思わせる。「はやぶさ2」も、不具合や事故に備えた機構を搭載していたと聞く。だが「こんなこともあろうかと…」という非常措置は発動されなかった。

宇宙開発は一国の科学技術力を象徴する。「はやぶさ2」が内外から注目されるのは、微小重力の小惑星からの無人サンプルリターンにおいて世界をリードしたからだ。探査が順調に進んだこと自体が偉業といえる。

責任者である宇宙航空研究開発機構(JAXA)の津田雄一プロジェクトマネージャは「1号機を超える探査機を作ろうと思ってやってきた。(2号機の)成功を未来につなげたい」と話す。「はやぶさ2」はカプセル分離後、新たな深宇宙探査に向けて再出発した。

これまでの成功の陰にはJAXAだけでなく、多くの技術と製品を提供したメーカーの存在があったことを特筆したい。JAXAの宇宙科学研究所の国中均所長は「(最先端の技術を実現する)モノをつくるのがJAXAの本来事業」という。目に見える形で目標を達成し、多くの感動をもたらした「はやぶさ2」は、あすの日本の科学技術の道しるべになるはずだ。

(2020/12/7 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる