産業春秋/コロナ論文数が語る

(2020/12/28 05:00)

科学技術立国として衝撃的な数字だ。学術雑誌などに掲載された日本の新型コロナウイルス感染症の関連論文は、世界16位の947本(2020年12月8日現在)と、先進7カ国の中で最下位にある。

論文の動向を分析している科学技術振興機構(JST)によると、トップは米国の1万5622本が圧倒的で、2位は中国の6774本。以下、英国、イタリア、インドの順で続く。

感染者数の多い国が論文数でも上位にくる傾向にある。日本の場合は感染症や公衆衛生の研究者が相対的に少ないことが影響しているとみられる。言葉の壁もあるのか、欧米に比べ他国との共著が少ないのも心もとない。

コロナ禍は科学技術の衰えを露呈することになった。競争的資金の拡大に伴い、基礎研究が進めにくくなり、「促成栽培型」の研究が重視されるようになる。感染症研究が手薄になったのも、目先の効率を優先した政策が背景にあるとみる専門家もいる。

感染症対策は、医工連携など異分野融合のチームをいつでも編成できるようにしておく必要がある。喉元過ぎれば熱さを忘れる、にならないよう、コロナ収束後も未知の感染症に備えて平時から研究環境を整えておきたい。

(2020/12/28 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる