産業春秋/省庁連携

(2021/1/7 05:00)

「新型コロナウイルスで行政として経験のない事態に追いまくられた1年だったが、良かったと思うこともある」―。昨年末、政府高官が打ち明け話をしてくれた。

それは省庁間の連携が深まったことだという。コロナ禍では厚生労働省が医療や薬事を、経済産業省がマスクや医療用機器の増産を、総務省が地方自治体との連絡を担当。内閣官房のコロナ対策室と歩調をそろえ、限られた時間で結論を出さなければならない。「他省のやり方を見て大いに刺激された」そうだ。

国民目線では、政府のコロナ対策が迅速だったとは言いにくい。今なお省庁間の垣根は高く、地域の実情は霞ケ関から遠い。官僚には、過去の経験にとらわれない新たな行政手法を考えてもらいたい。

今年は菅義偉首相の目玉政策デジタル庁が9月に発足する予定。民間人材を多数登用し、首相直轄の組織として国や地方の行政組織のデジタル化を推進する。

例えば運転免許証は地方の所管。マイナンバーカードとの一体化でも免許情報を横断管理する新システムが必要で、その経費は2021年度予算が成立しないと使えないとか。デジタル化で省庁がスピーディーに連携し、動けるようになることを願う。

(2021/1/7 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
スポーツバイクメカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! スポーツバイクメカニズムの基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいSCMの本 第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいSCMの本 第3版

よくわかるデザイン心理学
人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

よくわかるデザイン心理学 人間の行動・心理を考慮した一歩進んだデザインへのヒント

攻略!「射出成形作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「射出成形作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる