産業春秋/サムスン副会長の有罪判決

(2021/1/21 05:00)

韓流ドラマには財閥がよく登場する。昨年日本でも話題になった『愛の不時着』のヒロインも財閥令嬢だった。財閥へのあこがれと特権階級への批判の両面からドラマの重要な役割を担う。

サムスン電子の実質的なトップである李在鎔(イ・ジェヨン)副会長が、前大統領への贈賄罪で懲役2年6月の実刑判決を受け、収監された。

韓国の政権と財閥企業は、権力とカネに基づく共依存関係に陥りやすいと言われる。判決文は「大統領から賄賂を要求されれば、拒絶するのは難しい」と指摘し、大統領からの要請には、韓国最大の企業といえども逆らえない構図が明らかになった。そしてひとたび政権交代すると、厳しく指弾される。

韓国の国内総生産(GDP)の2割を稼ぎ出すと言われるサムスン電子の足元の業績は、半導体の需要増で好調だが、中国・台湾企業の猛追で、決して盤石ではない。有罪判決で株価も下落した。

ドラマなら「室長」という肩書の人物が登場し、財閥一家の無理難題をひそかに処理するというシーンも見られるが、今回は李氏の部下も同時に有罪判決を受けた。トップ不在が今後のサムスングループにどんな影響を与えるのか。現実はドラマよりもシビアだ。

(2021/1/21 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる