産業春秋/大都会近郊のアオシス

(2021/2/22 05:00)

奥秩父山系を源に東京湾へ注ぐ荒川の流域は野生生物の宝庫だ。埼玉県内の中流域に「太郎右衛門自然再生地」という広大な河畔林がある。自然再生推進法に基づき、全国で初めて事業が始まった。

散策コースがあり、運が良ければホンドタヌキやホンドイタチ、オオタカなどの在来種にお目にかかれる。ホンドキツネはもうじき子育ての時期を迎える。さながら大都会近郊のオアシスだ。

荒川は治水を目的に約80年前の河川改修で直線化された。再生地は旧流路にあたる三つの池を中心に構成される。近年は土砂の堆積による乾燥化と、樹林地の高木化や壮齢化が進み、河畔の特徴的な環境は失われつつある。

ガス供給業のサイサン(さいたま市大宮区)は、グループを挙げて自然環境の保護に取り組んでいる。サイサン環境保全基金は今年で創設から23年になり、累計約4億円を県内の自然保護団体に助成してきた。コロナ禍が収まれば、新人研修で再生地の草刈りをするそうだ。

再生地の小径をゆくと、動物たちには出会えなかったが、枯れ草の中から菜花の新芽が顔を出していた。コロナに呻吟(しんぎん)する人間社会をよそに、季節は着実に巡り来る。春近しの予感に心が浮き立つ。

(2021/2/22 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

理系学生必見!! 
日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

理系学生必見!! 日刊工業新聞社が推薦する入社したくなる会社60社

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる