産業春秋/新たな五輪像

(2021/3/23 05:00)

「コロナで復興五輪という意味合いが薄れてしまった」。被災地の中小企業から残念がる声を聞いた。

東京五輪・パラリンピックは海外からの観客を入れずに開催する。感染の収束が見通せない中でやむをえない判断だ。国内の観客も半分以内に抑える見込み。宿泊予約を抱えるホテルはキャンセル対応を迫られる。

選手の防疫管理を徹底するだけでも容易ではない。入国は出国元の陰性証明を条件とし、入国後は4日に1回の検査を義務づけるという。大会組織委員会はクラスター感染が起きた時の対策も含めて国民が安心感を持てる丁寧な情報発信が必要だ。

近代五輪の父、クーベルタンは1908年ロンドン大会で英米選手の対立をいさめる米司教の言葉に触発され「五輪で重要なのは勝つことではなく参加すること」と提唱した。感染対策が不十分なまま「開催することに意義がある」と言わんばかりの大会になってはオリンピズムを逸脱しかねない。

逆境だから出る知恵や工夫もあろう。簡素でも自然災害や感染症という人類共通の課題に国際協調を呼びかける。商業主義や国威発揚とは一線を画し、原点を踏まえた新時代の五輪像を打ち出すこともレガシーになる。

(2021/3/23 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

これから伸びる東京のカイシャ2021

これから伸びる東京のカイシャ2021

技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修キーワード700
第8版

技術士第一次試験 「建設部門」受験必修キーワード700 第8版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

もっと見る

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる