産業春秋/黄砂とウイルス

(2021/3/30 05:00)

コロナ禍は、海外との人の往来を大幅に減らした。空港検疫が強化され、PCR検査や入国後14日間ホテルなどで待機することが求められる。そんな対応はお構いなしに、今年は特に大量に大陸から押し寄せている。黄砂のことだ。

黄砂は、ユーラシア大陸内陸部の乾燥した砂漠地帯から、強風で数千メートルの高度にまで巻き上げられた土壌・鉱物粒子が偏西風に乗って飛来する現象。

気象庁はここ数日間に、大量の黄砂が到来するとの予報を出した。見通しが悪くなり、交通機関の運行に影響が生じる可能性もある。黄砂には土壌起源ではないとされるアンモニウムイオン、硫酸イオンなども含まれ、ぜんそくなど健康への影響も心配だ。

大陸を運ばれる途中で、大気汚染物質を取り込んでしまったことが原因とされる。古来和歌などで詠まれる「春霞(かすみ)」は、実は黄砂だったという説もあるが、現代の春霞は凶暴化している。

コロナ禍でやっかいなのは、換気との関係。コロナ対策では換気が推奨されている。しかし、換気で室内に黄砂が入り込むと、部屋が汚れるだけでなく、精密機械に微粒子が入り込み、不具合の原因にもなる。ウイルスに黄砂。悩み深い春がまだまだ続く。

(2021/3/30 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる