産業春秋/名前の読み方

(2021/4/9 05:00)

菅義偉さんは「すがよしひで」か「かんよしい」か、どういう読み方なのかについて国は関知しない。戸籍法を所管する法務省は、「読み仮名がなくても個人は特定できる」という理由から、戸籍事務に読み仮名を使ってこなかった。

昨年の国民1人に一律10万円を給付する特別定額給付金では、戸籍とひも付いた漢字名の住民基本台帳と、カタカナ表記の銀行口座との照合作業に手間取り、一部で給付遅れを招いた。

デジタル化時代や国際化に対応すべく、マイナンバーカードは、2024年に氏名をローマ字表記することになっている。「戸籍にも読み仮名が必要」との認識が政府内でも急速に高まった。上川陽子法相は、氏名の読み仮名を戸籍の記載事項とするため、戸籍法を改正する方針を示した。23年にも法案を提出するという。

これから戸籍に読み仮名を付ける作業を、どうやって進めるのか。現行の出生の届け書には「よみかた」を記入する欄があるが、あくまで参考として求めているだけだ。

健さんは「たけし」と名乗っているが、親は「けん」と名付けていた、などといった話もよく聞く。読み仮名を正式に戸籍に記載する時には、さまざまな混乱も起きそうだ。

(2021/4/9 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

2021年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2021年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021
社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

関西・中国・四国で愛されている長寿企業2021 社会と経済の発展に貢献してきた秘密に迫る

令和時代を切り拓く! 
日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

令和時代を切り拓く! 日本のリーディングカンパニー【関西・中国・四国編】

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

モノづくり中部 技術・技能自慢 2021年版

これから伸びる東京のカイシャ2021

これから伸びる東京のカイシャ2021

技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修キーワード700
第8版

技術士第一次試験 「建設部門」受験必修キーワード700 第8版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる